熊本県産ヒノヒカリ通販。こだわりの「ひのひかり」 農家直送・日本全国送料一律850円・決済手数料一律324円でお届け。

17時までのご注文分は02月21日の発送予定となります。
HOME » 龍田農園BLOG » 中干し | 熊本県産100%ヒノヒカリ通販 龍田農園

中干し

2015/08/06

熊本も梅雨が明け、本格的な「夏」を感じています。


稲も太陽の光を浴び、成長しています。




6月末に植えた稲達は、現在「中干し」という過程に入っています。
中干しとは、田んぼの水を抜く事です。


IMG_0139



 


Q.なぜ水を抜くのか?


A.
水を抜く事により稲の成長を抑えます。
成長を抑え、茎数過多を防ぎます。
また葉の垂れを防ぎ、下位節間の伸長を抑え、倒伏しにくい稲に仕上げます。


土壌中に酸素を供給し、還元状態で生成される有害成分(二価鉄、硫化水素、有機酸)を除去して、根を活性化させます。


機械作業に適した土壌硬度を確保します。
この時期に一度しっかり干すことで、収穫直前の落水でも容易に田面が硬くなり、機械作業がスムーズに行えます。




このように「中干し」とは立派な稲を育てる目的があります。
立派な稲は、食べた時に「美味しい」と感じる「旨味」が凝縮されます。


これから約2週間、中干しをし、その後入水します。
その時は、田植え後のように田んぼいっぱいに水を与えるのではなく、浅水です。


中干し時期から稲にとっては厳しい成長過程の始まりです。
その稲達を管理するのが我々の仕事です。


田舎ではよくある風景ですが、軽トラックに乗ってる方が車を止めて田んぼを見ている風景は、稲の成長をチェックしているのです。
成長をチェックしながら、どれだけ水をあげればいいのか考えている最中で、チェックするのに大切な事は経験です。
中干しから稲刈りまでが農家にとっては大事になります。




「美味しいお米」生産に向けて今からが本番です。


IMG_0134

龍田農園

龍田農園では、江戸・文久時代から農業を営んでおり、年貢という形で熊本藩へお米を納めてきました。文久時代から約一五〇年の間、米づくりを続けてきたおかげで、「土」は肥え、栄養価の高いお米を育てることができるようになりました。またできるだけ安心してお召し上がりいただけるよう、残留農薬試験を行い、受注後精米・真空パックにて配送しています。ぜひ一度ヒノヒカリ100%龍田農園の「武蔵」をご賞味ください。

龍田農園 代表 西島祥二
〒861-8007 熊本県熊本市北区龍田弓削1-15-107
TEL 096-201-4956 (月~金 9:00~17:00)
E-mail info@tatsudafarm.com
ホームページ http://www.tatsudafarm.com